Skyrim:装備MODの名前・防御力等の変更方法 その1

espファイルの読込 01

Creation Kitを使って簡単にできる、装備MODの名前、重さ、防御力等のArmor値の変更方法をご紹介します。

今回のその1ではArmor値変更の準備として、装備MODの「espファイルの読み込み方
次回のその2では、実際の「Armor値の変更方法
をそれぞれ説明していきます。

装備は各自用意してもらって構いませんが、ここでは例として「Berserk Mule Armor – Heavy Armor」のなかのMule Cuirass A – Heavyを使用します。

Creation Kitのインストールがまだの方は、「Skyrim:Creation Kitのインストール方法」を参照してインストールしてください。

espファイルの読み込み方について既に知っているという方は、その1はとばしてもらって構いません(「Skyrim:装備MODの名前・防御力等の変更方法 その2」へ)。

espファイルの読み込み方

では、「Berserk Mule Armor」のespファイルの読み込み方を説明していきます。

Creation Kitを起動させます。
起動が完了したら、Creation Kitのウィンドウ左上、図1では丸で囲んだところをクリックします。

espファイルの読込 02

図1

下図のようにDataというウィンドウが開き、Skyrim.esmやUpdate.esm等、PluginファイルとMasterファイルの一覧が出てくるので、Berserk Mule Armor – Heavy Armor.espまでスクロールさせます。

Berserk Mule Armor – Heavy Armor.esp上でダブルクリックをすると図2のように×印のチェックが付きます。

espファイルの読込 03

図2

チェックが付いたら、図3のSet as Active Fileのボタンのところをクリックします。
StatusがActive Fileに変わっているのを確認したら、OKをクリックします。

espファイルの読込 04

図3

これでBerserk Mule Armor – Heavy Armor.espの読み込みが始まります。

読み込み中に出てくるWarningにはキャンセルを選択してください。

読み込みが終わったら、ウィンドウ上部の左上、Creation Kitと書いてある右側がBerserk Mule Armor – Heavy Armor.espとなっているか確認してください(図4参照)。

espファイルの読込 05

図4

確認ができれば、Berserk Mule Armor – Heavy Armor.espの読み込みに成功ということになります。

その1のespファイルの読み込み方は、ここで終了です。
次回その2では、Armor値の設定画面を開き、値を変更していく方法をご紹介します。

Skyrim:装備MODの名前・防御力等の変更方法 その2」へ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。