Skyrim:装備MODの重装⇔軽装の変更方法

重装⇔軽装 01

Creation Kitを使って重装の装備MODを軽装に変更、またはその逆の軽装の装備MODを重装に変更する方法をご紹介します。

装備は各自用意してもらって構いませんが、ここでは例として「Berserk Mule Armor – Heavy Armor」のMule Boots – Heavyという装備を使用します。この重装の足装備を軽装の足装備へと変更して、新規アイテムとして登録していきます。

説明は以下のような順番で行います。
1-装備MODのespファイルを読み込む
2-Items-ArmorAddonの編集(足装備のみ)
3-Items-Armorの編集
4-変更を保存、ゲームで確認

今回の記事は長いですが、足以外の装備でさらに編集結果を上書きしてしまう(新規アイテムとして登録しない)場合は、Creation Kitで2箇所編集するだけで重装⇔軽装の変更ができます。
上書きする場合のことは説明しませんが、「3-Items-Armorの編集」の図6Aと図6Bの2箇所の編集だけですので、必要に応じで読み飛ばしてもらえればと思います。

以前説明したものに関しては、詳しい説明を省いているところもあるので、前回、前々回で書いた記事も参考にしていただければと思います。

Creation Kitのインストールがまだの方は、「Skyrim:Creation Kitのインストール方法」を参照してインストールしてください。

1-装備MODのespファイルを読み込む

はじめにBerserk Mule Armor – Heavy Armorのespファイルを読み込みます(espファイルの読み込み方について詳しくは「Skyrim:装備MODの名前・防御力等の変更方法 その1」を参照してください)。

きちんと読み込めているか、ウィンドウ上部のCreation Kitと書いてある右側がBerserk Mule Armor – Heavy Armor.espとなっているか確認してください(図1赤線部参照)。

重装⇔軽装 02

図1

2-Items-ArmorAddonの編集(足装備のみ)

次にItems-ArmorAddonを編集し、新規のItems-ArmorAddonとして登録していきます。
足以外の装備はこの作業は必要ありませんのでここはとばしてください。

Items→ArmorAddonとクリックしていき、ArmorAddonの一覧を表示させます(図2参照)。
一覧から編集をしたい装備(ここでは001MuleBootsAA)を見つけてダブルクリックしてください。

重装⇔軽装 03

図2

図3のようにItems-ArmorAddonの設定画面を開くことができたら、実際に編集をしていきます。

重装⇔軽装 04

図3

まずは設定画面の下の方にあるFootstepという項目を、プルダウンメニュー(図4A)のなかから
FSTArmorHeavystepSet → FSTArmorLightstepSet
に変更します。
この編集でFootstepが重装⇒軽装へと変更されました。

軽装を重装に変更する場合は上記とは逆で、
FSTArmorLightstepSet → FSTArmorHeavystepSet
に変更します。

さらに設定画面の上の方にあるID(図4B)という項目を
001MuleBootsAA → 001MuleBootsLightTestAA
に変更します。
この編集で新規のItems-ArmorAddonとして登録されることになります。

重装⇔軽装 05

図4

設定画面のOKをクリックすると、Create a new Form? というダイアログが出てくるので、「はい」を選択してください。

一覧のなかに001MuleBootsLightTestAAが追加されているのを確認してください(図5参照)。

重装⇔軽装 06

図5

Items-ArmorAddonの編集はこれで終わりです。

3-Items-Armorの編集

ここではItems-Armorを編集し、新規のItems-Armorとして登録します。

Items→ArmorAddonとクリックしていき、ArmorAddonの一覧を表示させます。
一覧から編集をしたい装備(ここでは001ArmorMuleBoots)を見つけてダブルクリックしてください。

図6のようなItems-Armorの設定画面を開くことができたら編集していきます。

重装⇔軽装 07

図6

図6AのWeightの右側を、プルダウンメニューのなかから図7のようにLightに変えます。

重装⇔軽装 08

図7

図6BのKeywordsの枠内を、図8のようにArmorHeavyのところで右クリックしてメニューを出し、 Deleteを選択してArmorHeavyを削除します。

重装⇔軽装 09

図8

削除ができたら、もう一度Keywords枠内で右クリックしてメニューを出し、今度はaddを選択します。
図9のようにSelect Formというウィンドウが出てくるので、Formの欄からArmor Lightを選択し、OKします。

重装⇔軽装 10

図9

軽装を重装に変更する場合は上記とは逆で、図6AでHeavyを選択し、図6BにArmorHeavyを追加してください。

図6Cの赤枠内は、ArmorAddonに登録されているもののうち、どれを使用するかを選択する箇所です。
ArmorAddonに変更を加えていない場合は、そのままで構いません。
今回の記事では、先ほど「2-Items-ArmorAddonの編集」のところでArmorAddonを編集し新しいIDで登録したので、それをここに登録する必要があります。

図6Cにある001MuleBootsAA上で右クリックしてメニューを出し、 Deleteを選択して削除します。
削除ができたら、もう一度右クリックでメニューを出し、今度はNewを選択します。
図10のようにSelect Formというウィンドウが出てくるので、Formの欄から追加したIDの001MuleBootsLightTestAAを選択し、OKします。

重装⇔軽装 11

図10

重装⇒軽装の変更が分かりやすいように装備の名前も変え、Items-ArmorのIDも新しくします。

図6DID:001ArmorMuleBoots → 001ArmorMuleBootsLightTest
図6EName:Mule Boots – Heavy → Mule Boots – Light Test
と変更しました。

図11はItems-Armorの編集をすべて終えた画面です。

重装⇔軽装 12

図11

最後にOKをクリックすると、Create a new Form?というダイアログが出てくるので、「はい」を選択します。

一覧のなかに001ArmorMuleBootsLightTestが追加されているのを確認してください(図12参照)。

重装⇔軽装 13

図12

Item-Armorの編集はこれで終わりです。

4-変更を保存、ゲームで確認

これまで行ってきたItems-ArmorAddonとItems-Armorの編集結果を保存し、ゲーム内で変更が反映されているか確認します。

保存するには、図13の赤く囲んだ箇所をクリックしてください(File→Saveとしても同じです)。

重装⇔軽装 15

図13

Creation Kitでの作業はこれで終わりなので、ゲーム内で確認してみます。

アイテムはコンソールを使って入手します(コンソールに関して詳しくは「Skyrim:コンソールを使用したアイテムの入手法」を参照してください)。

図14のように、Mule Boots – Light Testが新規装備として登録され、アイコンが軽装用のものに変わり、CLASSもLightに変更されているのが確認できました。
防御力はスキル値やPerk等々が計算されて入るので、Creation Kitで設定した値よりは上がっている場合も多いと思います。

重装⇔軽装 14

図14

今回の記事の最後に、Keywordsに関して補足をしておきます。

Keywordsは、防具に関連するものだけでも重軽装Perk、呪符、製作のカテゴリ、NPCの販売等々の設定をしていて、この他にも種類がたくさんあります。

MOD作製や編集時に、どれを入れたらいいか迷った時は、ヴァニラの装備のKeywordsをうまく活用すればいいようです。
その際、なるべく自分が設定したいものと似たヴァニラ装備を選ぶようにしてください。
例えば今回のように、重装の足装備を軽装に変えたいのなら、レザーアーマーの足装備のKeywordsを参考にしたり、エルフアーマーの足装備のKeywordsをそのまま真似るといった感じです。武器やアクセサリー類でも同様です。

どのKeywordsがどんな役割なのか僕自身分からないものもありますが、上の方法を使うとうまくいくことが多いです。

以上、装備MODの重装⇔軽装の変更方法でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。