GIMP normalmap pluginの導入方法

GIMPでノーマルマップを作成できるようになるプラグイン「GIMP normalmap plugin」の導入方法をご紹介します。

1-GIMP normalmap pluginのダウンロード
2-GIMP normalmap pluginのインストール
と順番に説明をしていきます。

GIMP normalmap pluginは、GIMP2.8以降のバージョンでのみ使用できます。
GIMP2.8の導入に関しては、「GIMP2.8 日本語版の導入方法」を参照してください。

1-GIMP normalmap pluginのダウンロード

下記のリンクからGIMP normalmap pluginのページへ移動できます。
https://code.google.com/p/gimp-normalmap/

図1の赤で囲んだDownloadと書かれたボタンをクリックすると、ダウンロードページに移動します。

GIMPnormalmapplugin 01

図1

図2のようにファイルが一覧で表示されますので、PCの環境に合わせてファイルを選択してください。
64bitか32bitかの選択だけ間違わないようにして、一番新しいものを選べば問題ないと思います。

GIMPnormalmapplugin 02

図2

以下では、gimp-normalmap-win64-1.2.3.zipを選択したとして説明を続けます。

ページが移動したら、図3の赤で囲んだgimp-normalmap-win64-1.2.3.zipをクリックするとファイルがダウンロードできます。

GIMPnormalmapplugin 03

図3

2-GIMP normalmap pluginのインストール

ダウロードが終わったら、GIMP normalmap pluginをインストールしていきます。

gimp-normalmap-win64-1.2.3.zipを解凍します。
なかにはnormalmap.exeglew32.dlllibgdkglext-win32-1.0-0.dlllibgtkglext-win32-1.0-0.dllの3つのdllファイル、そしてReadmeテキストファイルが入っています。

まずは、normalmap.exeをC:Program Files\GIMP 2\lib\gimp\2.0\plug-insにコピーします。
次に、3つのdllファイルをすべてC:Program Files\GIMP 2\binにコピーします。

インストールはこれで完了です。

GIMPを起動させてGIMP normalmap pluginがうまくインストールできたかどうか確認をしてみます。
図4の赤で囲んだ箇所のように、フィルター→マップと進んだ先に、薄くなっていて見えにくいですがNormalmapと書かれていればインストールは成功です。

GIMPnormalmapplugin 04

図4

 

以上、GIMP normalmap pluginの導入方法でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。