GIMPでテクスチャの色を変更する方法

GIMPで着色 01


GIMPでテクスチャの色を変更する方法をご紹介します。

GIMPでテクスチャを編集する方法」で言うと5番目の作業で、今回が最後です。

1-自由選択で選択範囲を決定する
2-着色で色を変更する
3-DDS形式でエクスポートする
という順番で説明をしていきます。

1-自由選択で選択範囲を作成する

色を変更したい部分を自由選択を使って選択範囲を作成します。

前回の「NifSkopeでUVマップをエクスポートする方法」の最後に作成したsteelarrow.ddsとUVマップを読み込んだxcfファイルを読み込みます。

確認しておくと、図1の赤で囲んだ枠内、乗算モードにしたUVマップのtga形式のテクスチャが一番上に来て、その下に通常モードのsteelarrow.ddsがmain surfaceという名前で来て、さらにその下にmipmapが来るという感じになっています。

GIMPで着色 010
図1

初めに図2Aの部分、レイヤーでmain surfaceが選択されているのを確認してください。
違うレイヤーが選択されている場合は、選択したいレイヤーをクリックすれば選択できます。
選択されているものは薄いグレーになっています。

GIMPで着色 02
図2

次に図2Bの自由選択をクリックします。
図2Cのツールオプションで細かな設定ができますが、今回は何も変えません。

図2Dのように、色を変更したい場所をクリックしていき選択範囲を作成していきます。
今回選択する範囲は、赤い矢羽根の部分です。
UVマップも参考にしながら、選択範囲を作成してください。

終点と始点を合わせると、図3のように丸が黄色になり、そこでクリックすれば選択範囲が決定されます。

GIMPで着色 03
図3

決定された選択範囲は図4のように点線で囲まれます。

GIMPで着色 04
図4

選択範囲はこれで決定できたので次の作業に移ります。

2-着色で色を変更する

着色を使って選択した範囲の色を変更していきます。
赤い色の矢羽根を青い色に変更します。

色→着色と進み、着色をクリックします(図5参照)。

GIMPで着色 05
図5

着色用のウィンドウが表示されたら、色相、彩度、輝度のスライダーを動かして着色していきます(図6参照)。

GIMPで着色 06
図6

プレビューにチェックが入っているとスライダーの動きに合わせて画像の色が変わっていくのでチェックを入れておいで下さい。
1の作業で選択範囲を設定しているので、それ以外の場所は色が変更されないもの分かると思います。

今回は値をそれぞれ図6のように設定しました。

OKを押せば着色は完了ですので、次の作業に移ります。

3-DDS形式でエクスポートする

矢羽根を青く着色したテクスチャをDDS形式でエクスポートしていきます。

main surfaceが選択されているのを確認して、ファイル→エクスポートと進みます(図7参照)。

GIMPで着色 07
図7


図8Aの「名前(N):」で名前、図Bでエクスポート先、図8Cのファイル形式の選択(T)でファイルの形式を設定します。

GIMPで着色 08
図8

今回は、名前とファイル形式は何も変えずにそのまま「steelarrow.dds」にします。
場所はProgram Files (x86)\Steam\steamapps\common\skyrim\Data\textures\weapons\steelとします。

場所を変更できたらエクスポートをクリックします。

BSA Browserで鋼鉄の矢のテクスチャを展開する際に「Extract」を選択した場合は、上書きのダイアログが表示されるので「置き換える」を選択してください。

Save as DDSというウィンドウが表示されたら、図9のようにCompressionをBC1/DXT1に、MipmapsをGenerate mipmapsにしてOKをクリックします。

GIMPで着色 09
図9

これで矢羽根を青く着色したテクスチャがDDS形式でエクスポートできたので、最後にゲーム内で確認をしてみます。

図10のように矢羽根が青く変更されています。

GIMPでテクスチャ編集目次 01
図10

この記事の1番初めに載せた画像は、これに少し手を加えて作ったものです。

うまく反映されない場合は、Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\skyrim\Data\textures\weapons\steelにsteelarrow.ddsという画像ファイルがあるかどうか確認してみてください。

色を元の色に戻したくなったら、今回作成したProgram Files (x86)\Steam\steamapps\common\skyrim\Data\textures\weapons\steelにあるsteelarrow.ddsを削除、あるいは他の場所に移動してください。

以上で、今回のGIMPでSkyrimのテクスチャの色を変更する方法と、数回に分けて説明してきたGIMPでテクスチャを編集する方法を終わります。

GIMPでテクスチャを編集する方法」目次へ戻る

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。