Skyrim:espファイルの作成方法

Creation Kitでespファイルを作成する方法のご紹介です。

1-Skyrim.esmを読み込む
2-espファイルの作成
3-Nexus Mod Managerでチェックを入れる
と順番に説明していきます。

※「Creation Kit wikiのチュートリアルを実践」では2番目の作業で、CKWikiではBasic Series-Installing the Creation Kit-Creating Your First Pluginのところの説明となります。
なお、CKWikiではプラグインファイルと表記されていますが、このブログではespファイルと表記します(espファイルとプラグインファイルは同じです)。

1-Skyrim.esmを読み込む

では、Creation Kitを起動させます。

起動できたら、File→Dataと進むか、あるいは赤で囲んだ箇所をクリックします。

ESP作成 01


Dataというウィンドウが表示されるので、Skyrim.esmと書かれた場所をダブルクリックしてください。

ESP作成 02


下図のようにチェックが付いたのを確認したら、OKをクリックしてください。

ESP作成 03


読み込みには多少時間がかかります。
Skyrim.esmを読み込んでいる途中に、下図のようなWarningというウィンドウが表示されますが、「キャンセル」を選択してください。

ESP作成 04


読み込みが完了すると、AのようにDone.と表示されます。

ESP作成 05


画面左上のBのCreation Kitと書かれた右側にはアクティブファイルが表示されますが、esmファイルはアクティブファイルにできないので、今は何も表示されていません。

Skyrim.esmを読み込みが終わったので、次の作業に移ります。

2-espファイルの作成

espファイルの作成をしていきます。

File→Saveと進むか、あるいは赤で囲んだ箇所をクリックします。

a030_10


今はskyrim.esmだけを読み込んだ状態なので、Saveをしようとしてもskyrim.esmにSaveされるわけではなく、プラグインを作成しSaveするようなかたちになります。

Select Fileというウィンドウが表示されるので、ファイル名(N)のところにTestと打ち込み、保存をクリックします。
ファイルの種類はTES Plugin Files(*.esp)のままにしてください。

保存したら、Creation Kitと書いてある右側にTest.espと表示されているのを確認してみてください。

ESP作成 06


同様にSkyrim\DataにTest.espが作成されているのを確認してみてください。

確認ができたら次の作業に移ります。

3-Nexus Mod Managerでチェックを入れる

最後に、このTest.espをゲーム開始時に読み込まれるようにする必要があります。

Nexus Mod Managerを起動します(SkyrimランチャーやMOからでも同じです)。
下図のように一覧の一番下にTest.espが追加されているので、Test.espと書かれた左側にチェックを入れてください。

a030_11


これでTest.espは、ゲーム開始時に読み込まれるようになります。

以上、espファイルの作成方法でした。


Creation Kit wikiのチュートリアルを実践」目次ページに戻る
コンソールの使用方法」へ進む

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『Skyrim:espファイルの作成方法』へのコメント

  1. 名前:もんきぃ 投稿日:2015/08/07(金) 11:00:07 ID:faa0af528 返信

    こんにちは。
    ちょっと質問なんですが、CKをマルチディスプレイ環境で実施すると、新規のESPが作成できなくなるんですが、なにか対策ってあるんでしょうか?

    • Gimora 名前:Gimora 投稿日:2015/08/09(日) 00:00:49 ID:be2e8e32e 返信

      もんきぃさん、こんにちは。
      マルチディスプレイを使ったことがなく、検索の手掛かりがよくわからなかったということもあり、質問いただいた件に関して問題解決になりそうなものが見つけられませんでした。お役に立てずすみません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。