GIMP: パスの使用方法

Gimp パスの使用 01

GIMPのパスの使用方法について簡単な紹介をしていきます。

初めにパスを構成する各部の名前の説明をして、次にパスを作成するときの操作を、追加、移動、削除、結合の4つの操作に分けて説明していきます。

1-パスを構成する各部の名前

そもそもパスとは、「直線や曲線を自在に組み合わせてできる輪郭線のことで」、「GIMPでは選択範囲の境界線を形成したり、画像上に見えるかたちに 境界線を描く使い方があります」(カッコ内はヘルプから引用)。

矩形(クケイ(長方形のこと))選択、楕円選択、自由選択の機能を高度にしたものと考えると分かりやすいかもしれません。

パスは下図のようにアンカーポイント、ハンドル、セグメントという3つの部分から構成されています。
アンカーポイントには2種類あり、白抜きの丸がアクティブなアンカーポイントで、白丸のアンカーポイントが非アクティブなアンカーポイントとなります。

Gimp パスの使用 02

各部の名称は上記のものとは多少異なることもあり、GIMPのヘルプではアンカー、ハンドルまたはコントロールポイント、分節と表現されていました。

2-パスを作成するときの操作

ここでは、パスを作成するときの操作を追加移動削除結合の4つの操作に分けて説明していきます。
パスを作成するときには、カーソルの右上に表示されるもののかたちに注目してください。

2.1 追加

・アンカーポイントを新規に追加

a039_03

Shiftを押しながらクリックします。カーソルの右上には四角が表示されています。
アンカーポイントを新規に追加というのは、他のアンカーポイントとつなげずに追加するという意味です。
一番初めのアンカーはそもそもつながる他のアンカーがないので、Shiftを押さなくても自動で新規のアンカーとなります。

・アンカーポイントをアクティブなアンカーポイントと繋げて追加

a039_04

クリックするだけです。カーソルの右上の表示はプラスが表示されています。
どこかにアクティブなアンカーがある状態で任意の箇所をクリックすると、そのアンカーポイントは、アクティブなアンカーセグメントでつながれた状態で追加されます。
この操作が一番よく使う操作になると思います。

・セグメントの途中にアンカーポイントを追加

a039_05

Ctrlキーを押しながらセグメント上でクリックします。カーソルの右上はプラスが表示されます。
この方法でアンカーポイントを追加した場合、初めからハンドルが付いた状態になります。

2.2 移動

アンカーポイント、セグメント、ハンドルを移動させるときは、カーソルの右上の表示は矢印のついたプラスとなります。

・アンカーポイントの移動

a039_06

アンカーポイントを移動させるには、アンカーポイントをクリックして、そのままつかんでドラッグすれば移動できます。

a039_07

2点以上のアンカーを同時に移動させたいときは、移動させたいアンカーをShiftキーを押しながらアクティブにしていき、アクティブなアンカーのうちのどれかをつかんでドラッグすればアクティブなアンカーがすべて同時に動きます。

つながったパスをすべて同時に移動させるには、CtrlキーとAltキーを押しながらアンカー、セグメント、ハンドル、のうちどれでもいいのでつかんでドラッグすれば移動できます。

・セグメントの移動

a039_08

セグメントの移動は、ハンドル移動(操作)と並行して操作することで曲線の作成・調整をしていきます。
セグメントをつかみ、ドラッグするとセグメントが膨らむように曲線ができます。
それと同時にハンドルも引っ張り出されるように表示されます。

・ハンドルの移動(操作)

a039_09

ハンドルを移動させることにより曲線を調整していきます。
ハンドルにの先にある四角の箇所をクリックして、そのままドラッグすれば曲線が変形していきます。

Shiftキーを押しながらハンドルをつかみドラッグさせると、アンカーを中心にして反対側にもハンドルが表示され対称な動きをします。

2.3 削除

アンカーポイント、セグメント、ハンドルを削除するには、ShiftキーとCtrlキーを同時に押しながらクリックです。
カーソルの右上はマイナスが表示されています。

・アンカーポイントを削除

a039_10

削除したいアンカーポイントにカーソルを合わせて、ShiftキーとCtrlキーを同時に押しながらクリックします。

・セグメントを削除

a039_11

削除したいセグメントにカーソルを合わせて、ShiftキーとCtrlキーを同時に押しながらクリックします。

・ハンドルを削除

a039_12

削除したいハンドルの先の四角の箇所にカーソルを合わせて、ShiftキーとCtrlキーを同時に押しながらクリックします。

2.4 結合

a039_13

結合は、アクティブなアンカーポイントと非アクティブなアンカーポイントを繋げます。
Ctrlキーを押しながら、つなげたい非アクティブなアンカーにカーソルを合わせてクリックします。

パスを構成する各部の名称と、パスを作成するときの操作を4種簡単に説明してきましたが、ハンドルの操作などは慣れるまで少し時間が必要かもしれません。
パス作成の練習には、一番初めに載せた画像のようにアルファベットに合わせてパスを作成したりするのがいいと思います。

以上、パスについてでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。