ローブのテクスチャ編集 その3

大学のローブのテクスチャ編集、その3です。
今回は、ローブのライン部分の色を黄色に編集していく作業となります。

GIMPでテクスチャを編集する方法-ローブ編」でいうと「3-テクスチャの編集」の3番目の作業です。

ローブのライン部分の色を黄色に

ローブのライン部分の色を黄色に変えていきます。
ラインと勝手に呼ばせてもらっていますが、ラインとは首回りや袖の先などのメインの色とは色が違っている部分のことです。

その2の作業と同じように、パスを使って選択範囲を作成し、そこに色を流し込みます。

ライン部分は曲線が多いので、パスも曲線をうまく使いながら選択範囲を作成していく必要があります(図1参照)。
UVマップは非表示にしたほうが作業がしやすいです。

a043_01
図1



パスを作成するときに、多少はみ出したりしても気にしないで構いません。
しっかりとしたヴァニラのテクスチャが下地にあるため、ほとんど目立ちませんので。

ラインの部分に沿って次々パスを作成していきます。今回のテクスチャ編集では、ラインの部分に加えて、腰の部分もライン部分と同じ色に揃えます(図2参照)。

パスが出来上がったら、パスを選択範囲に(図2A)をクリックして選択範囲を作成します。

a043_02
図2



選択範囲が作成できたら、レイヤー#1の上に透明のレイヤー(レイヤー#2)を追加します(図3A)。

レイヤー#2がアクティブになっているのを確認したら、好きな色を選択し(図3B)、塗りつぶしで色を流し込んでいきます(図3C)。

a043_03
図3



レイヤー#2のモードをオーバーレイにすると(図4A)、ライン部分の色と腰の部分の色がかなり違っているのが確認できると思います。

a043_04
図4



これは下地のrobes.ddsの色がラインの部分と腰の部分で違うことと、レイヤー#1には腰の部分に色がついていないのでこのような色の違いが出てしまいます。

これを修正していきます。

パスダイアログ(図5A)から、先ほど作成したライン部分のパス(名前なし#1)をダブルクリックして再び呼び出し、範囲選択を作成します。

a043_05
図5



選択範囲が作成できたら、robes.ddsのレイヤーをアクティブにして、脱色(図6A)と進みます。
脱色というウィンドウ(図6B)が表示されるので、脱色の基準にする要素は明度のままにして、OKをクリックします。

a043_06
図6



再びパスダイアログから、ライン部分のパスを呼び出し、範囲選択を作成します。
今度はレイヤー#1をアクティブにして、編集→消去(図7A)と進みます。

a043_07
図7



図8のように腰の部分がまだ少し暗い感じもしますが色の差はかなり消えたと思います。

a043_08
図8



レイヤー#2を色→色相-彩度で調整していきます(図9参照)。

a043_09
図9



調整が済んだら、テクスチャはこれで完成とします。

もう少し手を加えたい場合は、レイヤー#1、レイヤー#2の不透明度を調整してみたり、新規のレイヤーを追加して光や影を追加してみたりして仕上げていくといいと思います。

ここでは最終的に下図のように仕上げてみました。

ローブその3 10


最後に、完成したテクスチャをエクスポートしますが、ddsへの変換はDXTBmpで行います。
そのために、GIMPではbmp形式でエクスポートします。

ファイルエクスポートと進むと「画像をエクスポート」というウィンドウが表示されます。
ファイル形式の選択でbmpを選び、エクスポートをクリックしてください。画像の名前・保存場所はどこでも構いません。
さらに、「画像をエクスポート:BMP」というウィンドウが表示されるので、詳細設定から24ビットを選択し、エクスポートをクリックしてください。

xcfファイルのほうもファイル保存と進み、保存しておいてください。

今回の作業はここまでとします。
次回は、bmpをddsに変換し、ゲーム内で色の変化を確認という最後の作業となります。

以上、「ローブのテクスチャ編集 その3」でした。


GIMPでテクスチャを編集する方法-ローブ編」目次ページに戻る
ローブのテクスチャ編集 その4」へ進む

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。