ローブのテクスチャ編集 その4

ローブその4 01

大学のローブのテクスチャ編集、その4です。
今回は、前回作成したbmp形式のテクスチャをdds形式へと変換し、ゲーム内で色の変化を確認という最後の作業となります。

GIMPでテクスチャを編集する方法-ローブ編」でいうと「3-テクスチャの編集」の4番目の作業です。

1-bmp→ddsへの変換
2-ゲーム内で確認
と順番に説明していきます。

1-bmp→ddsへの変換

bmp→ddsへの変換は、DXTBmpを使用して行いますので導入がまだの方は「DXTBmpの導入方法」を参照して導入を済ませてください。

DXTBmpを起動させたらFile→Openと進み、下図のように前回GIMPで24bitのbmp形式でエクスポートしたテクスチャを読み込みます。

ローブその4 02

読み込めたら、早速ddsに変換します。
File→Save asと進み、DDS Texture(下図赤枠)をクリックしてください。

ローブその4 03

下図のようなExport as DDS Imageというウィンドウが表示されるので、
Aの保存する場所にskyrim\Data\textures\clothes\magejourneyman\f
を指定し、Bのファイル名をrobes.ddsにして、Cのファイルの種類でDDS DXT1(NoAlpha)を選択します。

ローブその4 04

保存を押したら、bmp→ddsの変換は完了です。

skyrim\Data\textures\clothes\magejourneyman\fにrobes.ddsというファイルがあるのを確認してみてください。

2-ゲーム内で確認

大学のローブの色の変化をゲーム内で確認してみます。

help collegeで検索すると、college robeという名前のものが2種類あるので、今回はアイテムIDが000D3DEAのものを入手してください。

player.additem 000d3dea 1
と入力すればアイテムを取得できます。

一番初めに載せた画像と下の画像はゲーム内で撮ったスクリーンショットです。

ローブその4 05

GIMPで付けた色と実際のSkyrim内での色がかなり違った印象になる場合もあります。
そのときは、xcfファイルの下図赤枠内のレイヤー#1とレイヤー#2の色を調整して、もう一度bmpでエクスポート→ddsに変換としてみてください。

ローブその4 06

下図のように青色のローブに変えることも、レイヤー#1とレイヤー#2の色を変えるだけで簡単にできるのでいろいろ試してみてください。

ローブその4 07

今回の記事で紹介した赤色のローブと青色のローブのテクスチャを、サンプルとしてアップロードしてみました。
詳しくは「Skyrim:GIMPでテクスチャを編集する方法-ローブ編」の下の方10月3日追記以下に記載してあるのでよろしければ参考にしてください。

以上で、その1からその4までと続いたローブのテクスチャ編集もようやく終わりとなります。
最後まで付き合っていただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ローブのテクスチャ編集 その4』へのコメント

  1. 名前:Anonymous 投稿日:2014/12/13(土) 23:08:35 ID:0bed42825 返信

    お気に入りの衣装のカラーを変更することができました。
    有用な記事がたくさんあって助けられています。
    本当にありがとうございます。

    • 名前:Gimora 投稿日:2014/12/16(火) 01:41:38 ID:098b41243 返信

      コメントありがとうございます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。