CK Wikiの「Lokir’s Tomb」

a051_01

今回は「Creation Kit wikiのチュートリアルを実践」の続きです。

1番目のチュートリアル「Basics Series」は終わりましたので、2番目のチュートリアル「Level Design Fundamentals」の実践に移っていきたいと思います。

「Level Design Fundamentals」は、CreationKitを使用したダンジョン作成のチュートリアルです。
「Lokir’s Tomb」という名前のダンジョンを、レイアウトの作成、敵NPCの配置、光源の設置など10個の過程を経てリバーウッド付近に作成します。

今回はその完成した「Lokir’s Tomb」とそのサンプルファイルの導入方法を紹介していき、次回以降から実際のダンジョン作成に入っていくことにします。

「Lokir’s Tomb」

「Lokir’s Tomb」を作成する場所は、リバーウッドから西へ、川を渡れば見えてくると思います。
下図の赤丸を参照してください。

a051_02

場所が分からなかったらコンソールを使って、
coc LokirsTomb
で行くことができます。

「Lokir’s Tomb」は5つの部屋で構成されています。
各部屋のスクリーンショットを1枚ずつ載せてみました。

a051_03
a051_04
a051_05
a051_06
a051_07

「Lokir’s Tomb」のサンプルファイルの導入方法など

「Level Design Fundamentals」では、10個ある各チャプターごとにサンプルのespファイルが配布されています。上で紹介した「Lokir’s Tomb」の完成したものもサンプルファイルとして配布されています。

下の画像は、「Level Design Fundamentals」のチャプター10のページの画像です。

下記のリンクからそのページへ行けます。
http://www.creationkit.com/Bethesda_Tutorial_Dungeon_Wrapup

CKWIKITutorials目次 03

画像の中央あたり「Example Plugins:」と書かれた下の「Initial」には、各チャプターの作業を始める前の状態、ここでいえばひとつ前のチャプター9が終わった状態のサンプルファイルが入っています。

となりの「Completed」は、そのチャプターが完了した状態のサンプルファイルが入っています。
ダンジョン作成チュートリアルはチャプター10までなので、チャプター10の「Completed」サンプルファイルは、「Lokir’s Tomb」の完成したファイルということになります。

「Companion Video Tutorial」というリンクが貼られているチャプターは、動画のチュートリアルがYoutubeで見ることができます(動画チュートリアルがないチャプターもあります)。

サンプルファイル導入方法

ここでは完成した「Lokir’s Tomb」のサンプルファイルの導入を説明します。

先ほども載せたリンク
http://www.creationkit.com/Bethesda_Tutorial_Dungeon_Wrapup
へ移動し、「Completed」をクリックして、LDWrapUpTutorialComplete.espというファイルをダウンロードします。

次に、そのダウンロードしたespファイルをProgram Files (x86)\Steam\steamapps\common\skyrim\Dataへ移動させます。

SkyrimランチャーやNMMなどでLDWrapUpTutorialComplete.espにチェックを入れてアクティブにすれば導入は完了です。

※「Lokir’s Tomb」には、スクリーンショットにも写っているとおり敵NPCがいたり、罠があったりしますので、実際に入る場合は注意してください。

以上、「Lokir’s Tomb」の紹介と導入方法でした。

Creation Kit wikiのチュートリアルを実践」へ戻る

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。