Mod Organizerを使用したSkyrimの日本語化

Mod Organizerを使って「英語字幕・英語音声⇔日本語字幕・英語音声⇔日本語字幕・日本語音声の切り替えが簡単にできるSkyrimの日本語化」の方法を以下のような順番で説明していきます。

1-日本語化MODの作成
2-Mod Organizerの導入
3-Mod Organizerに日本語化MODを登録
4-CreationKitの文字化けについて

日本語化の方法は、基本的には『Skyrim Wiki JP』で紹介されている方法をとります。
現在はTESV.exeを上書きするだけの「公式英語版の日本語化新方式」がありますが、ここでは旧来の「公式日本語版(1.9.31.0)→公式英語版(1.9.32.0)→日本語化」の方法を使用します。

Mod Organizerの使用方法に関しては、「Guide:Mod Organizer」というページや、NexusのMod Organizerの作者の方のページにリンクが貼ってあった動画「Mod Organizer: A Beginner’s Guide」や「Mod Organizer an Advanced Guide」、さらに、
国内のMod Organizerの使用方法について説明をしているいくつかのブログ等を参考にさせていただきました。

【2015/11/5 加筆】
フォルダ名を「J – E Skyrim」あるいは「J – J Skyrim」として「-(ハイフン)」を使用するとエラーの原因となることがあるようなので、「J_E_Skyrim」あるいは「J_J_Skyrim」へと修正しました。情報ありがとうございます。

1-日本語化MODの作成

『Skyrim Wiki JP』の日本語化では、日本語のInterfaceやStringsなどのファイルを英語版Skyrimに直接どんどん入れていくかたちがとられていますが、ここでは切り替えが簡単にできるように、英語版Skyrimに入れる日本語のファイルを「日本語化MOD」としてひとまとめにします。

1.1 フォルダの準備

はじめに日本語のファイルをまとめる図1のような構成のフォルダを作成しておきます。
作成場所はどこでも構いません。

MOでSkyrim日本語化 01

図1

「J_E_Skyrim」という箇所の名前は任意につけてもらって構いませんが、MOD名になるのでわかりやすい名前がいいと思います。ここでは、日本語字幕の英語音声という意味で、「J_E_Skyrim」と名前を付けました。

InterfaceとStringsのフォルダ名はスペルを間違うとうまく日本語化できませんので注意してください。

1.2 日本語化MODの作成

ここからは、『Skyrim Wiki JP』の「公式日本語版(1.9.31.0)→公式英語版(1.9.32.0)→日本語化」も参照しながら作業を進めてください。

下記のリンクは『Skyrim Wiki JP』の日本語化のページです。
http://wiki.skyrim.z49.org/?FAQ%2F%C6%FC%CB%DC%B8%EC%B2%BD

◆手順1~3

『Skyrim Wiki JP』の日本語化手順の「1.Skyrim公式日本語版のインストール」、「2.日本語版データのバックアップ」、「3.Skyrim英語版のインストールとバックアップ」に関しては方法が全く同じなのでここでは省略します。

『Skyrim Wiki JP』にも記載されていますが、日本語版、英語版ともに丸ごとバックアップしておくのを強くお勧めします。

◆手順4

手順「4.日本語版のデータファイルを追加する」では、取り出したファイルの移動先が変わります。

Interfaceのファイルに関して『Skyrim Wiki JP』では、日本語版Skyrim – Interface.bsaから「fontconfig.txt」、「book.swf」、「fonts_jp.swf」を取り出し、英語版SkyrimのData\Interfaceフォルダに入れるとありますが、取り出した3つのファイルは上で作成した「J_E_Skyrim」のInterfaceフォルダに入れてください

※BSAファイルの展開について詳しくは、「BSA unpackerの使い方」を参照してください。

DLCに関しても同様に、各BSAファイルから取り出したstringsファイルをJapanese→Englishへと変更したら、英語版SkyrimのData\Stringsフォルダにではなく、「J_E_Skyrim」のStringsフォルダに入れてください

現時点で、「J_E_Skyrim」は図2のようになっているはずです。

MOでSkyrim日本語化 02

図2

◆手順5

手順「5.Skyrim1.9用日本語差分適用パッチを実行する」はそのまま実行してください。
差分を適用するフォルダは、Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\skyrim\Dataです。

oldファイルはこの後の作業で使用するので、「終了時にバックアップファイル(*.old)を削除する」のチェック(場所は図3参照)は入れないでください。

MOでSkyrim日本語化 03

図3

下の図4は、左側がパッチ実行前、右側がパッチ実行後となっています。
※「J_E_Skyrim」の画像と区別するため、英語版Skyrimの画像は枠を青くしています。

図3のログに記載されているように、Interfaceのひとつ、Stringsの6つにパッチが適用され、oldと名前の付いたバックアップファイルも同数作成されています。

MOでSkyrim日本語化 04

図4

ここから合計7つのパッチが適用されたファイルを「J_E_Skyrim」へ移動し、oldファイルをもとのファイルへと戻していきます。

Skyrim\Data\Interfaceの「Translate_English.txt」を、J_E_Skyrim\Interfaceへ移動します(図5参照)。
さらに、Skyrim\Data\Stringsのなかの最後にoldと付いていない6つのファイルを、J_E_Skyrim\Stringsへ移動します。

移動元のフォルダ名、移動先のフォルダ名をよく確認して作業を行ってください。

MOでSkyrim日本語化 05

図5

ファイルの移動が済んだ「J_E_Skyrim」は図6のようになっているはずです。

MOでSkyrim日本語化 06

図6

ファイルの移動が終わったら、Skyrim\DataのInterfaceとStrings各フォルダ内のoldファイルをパッチ実行前のもとのファイルへ戻します。

ファイルの名前の変更で「.English1.9.26.0.old」を削除すればもとに戻ります(図7参照)。

MOでSkyrim日本語化 07

図7

「拡張子を変更すると~」という警告が出た場合も、「はい」を選択してください。

◆「へ スカイリム」の修正

「へ スカイリム」の修正をする場合は、そのファイルも日本語化MODに入れてしまうと便利です。
ここでは『Skyrim Wiki JP』の「SKSEでパッチを当てる方法」と書いてある方のファイルを使用します。

「J_E_Skyrim」にSKSE\Pluginsというフォルダを作成し、Pluginsフォルダのなかにjp_patch.dllを入れたら完了です。

SKSEが必要になるので、導入が済んでいない場合は「【Skyrim】SKSEの導入方法 – Mod Organizer編」を参照して導入してください。

◆日本語音声の導入

日本語字幕・日本語音声のSkyrimにするには、日本語の音声ファイルも必要となります。

「J_E_Skyrim」をコピーして「J_J_Skyrim」と名前を付け替えます。
さらに、その名前を付け替えた「J_J_Skyrim」に日本語版のSkyrim – Voices.bsaとSkyrim – VoicesExtra.bsaのふたつのBSAファイルを入れます。

DLCを導入している場合は、日本語版のSkyrimのDawnguard.bsa、Hearthfire.bsa、Dragonborn.bsaも「J_J_Skyrim」に入れます。

◆日本語化MODの圧縮

ここまでの作業で、日本語化MOD「J_E_Skyrim」と「J_J_Skyrim」が完成しました。それぞれ図8のようになっているはずです。

MOでSkyrim日本語化 08

図8

完成した日本語化MODをMod Organizerで読み込めるように圧縮していきます。

Mod Organizerで読み込めるのは、7z、fomod、rar、zipの4種です。
どの形式でもいいので、「J_E_Skyrim」と「J_J_Skyrim」の図9の緑枠で囲んだ各フォルダ内のものを選択して圧縮してください。「J_J_Skyrim」は、サイズが大きいので圧縮に時間がかかると思います。
ここでは図9のように7zに圧縮しました。

MOでSkyrim日本語化 09

図9

圧縮ができたら、次はMod Organizerでの作業に移ります。

2-Mod Organizerの導入

Mod Organizerを導入していきます。
記事を書いている時点での最新バージョンは、version 1.0.11です。

Installer版で導入する方法が楽だと思いますので、下記のリンクから「Mod Organizer v1_0_11 installer」をダウンロードしてください。

http://www.nexusmods.com/skyrim/mods/1334/

MOでSkyrim日本語化 10

図10

ダウンロードしてきた「Mod Organizer v1_0_11 installer-1334-1-0-11.exe」をクリックするとSetup Wizardが起動しますのでインストールしてください(図10参照)。

インストールが完了したら、Mod Organizerを起動させます。

初めてMod Organizerを起動させると、「Select」というウィンドウが表示されるので「Skyrim」を選択します。

インストール時に設定を変えていなければ、チュートリアルを行うかどうか聞かれるので「Yes」か「No」を選択してください。どちらでも構いません。

「Yes」を選択してチュートリアルが終了、または「No」を選択すると図11のようにMod Organizerが起動します。

MOでSkyrim日本語化 11

図11

ウィンドウ内右側のPlugins内のESM/ESPファイルは、DLCを導入しているかなどによって多少異なる場合もあると思います。

3-Mod Organizerに日本語化MODを登録

作成した日本語化MODをMod Organizerに登録していきますが、Mod Organizer自体の使用方法などに関しては必要な箇所だけの簡単な説明にします。

Mod Organizerのウィンドウの左上(図12 )をクリックして、圧縮済みの「J_E_Skyrim」を選択します。
Quick Installというウィンドウが表示されるので、図12 「OK」をクリックします。

MOでSkyrim日本語化 12

図12

同様に圧縮済みの「J_J_Skyrim」も登録します。
「J_J_Skyrim」は、BSAファイルが含まれるので、図13のようにBSAを展開するかどうかというダイアログが表示されます。ここでは「No」を選択します。

MOでSkyrim日本語化 13

図13

これで「J_E_Skyrim」と「J_J_Skyrim」の登録ができました。

はじめに「J_E_Skyrim」の動作確認をします。
下図の赤丸で囲んだ箇所(図14 )にチェックを入れて、図14 がSKSEになっているのを確認して、 図14 「Run」ボタンをクリックして、日本語字幕・英語音声としての動作を確認してください。

MOでSkyrim日本語化 14

図14

次に「J_E_Skyrim」のチェックを外し、「J_J_Skyrim」にチェックを入れて日本語字幕・日本語音声のSkyrimとしての動作も確認してください。

動作が確認できたら日本語化の作業は完了です。

今回は、日本語化MODを作成してMod Organizerで切り替えということでしたが、日本語化MODをNMMに登録して切り替えということも一応はできます。
ただ、NMMの場合は上書きのダイアログがでたり、ロードに時間がかかったりと、Mod Organizerほど簡単に切替とはいきません。

4-CreationKitの文字化けについて

【2014/12/14/ 修正】
上記の方法で日本語化した場合、CreationKitの文字化けが起こらないと書いていましたが、これは間違いでした。
正しくは以下のとおりです。

・「J_E_Skyrim」にチェックを入れた状態で、Mod Organizer経由でCreationKitを起動させた場合には文字化けが起こってしまいます。
・「J_E_Skyrim」のチェックを外した状態であれば、Mod Organizer経由でCreationKitを起動させた場合、文字化けは起こりません。
・Mod Organizerを経由しないでCreationKitを起動させた場合には、「J_E_Skyrim」のチェックを入れた状態でも文字化けは起こりません。

以上、Mod OrganizerでSkyrimを日本語化でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『Mod Organizerを使用したSkyrimの日本語化』へのコメント

  1. 名前:Anonymous 投稿日:2014/02/18(火) 22:47:04 ID:096f68220 返信

    参考になりました 

    • 名前:Gimora 投稿日:2014/02/21(金) 19:50:27 ID:2be691c02 返信

      コメントありがとうございます

  2. 名前:Anonymous 投稿日:2014/06/12(木) 20:14:47 ID:85527668e 返信

    これって「J – E Skyrim」フォルダとは別に音声だけのフォルダを作ったほうが楽なのではないでしょうか

    • 名前:Gimora 投稿日:2014/06/13(金) 12:02:48 ID:4408d0c17 返信

      コメントいただいた方法でも問題ないと思います。

      この記事は、「英語字幕・英語音声⇔日本語字幕・英語音声⇔日本語字幕・日本語音声の切り替えが簡単にできるSkyrimの日本語化」という目的で書いたので、「J – E Skyrim」と「J – J Skyrim」を分けて作成する方法をとりました。

  3. 名前:Anonymous 投稿日:2015/08/15(土) 05:02:51 ID:ed14dc952 返信

    J – J Skyrimにチェックを入れるとDawnguard.bsaが無効だというエラーが出ます。
    (J – E Skyrimは何の問題もないです。)
    この記事と違うのはMod OrganizerのバージョンとBSA Browserを使っていることです。

    • Gimora 名前:Gimora 投稿日:2015/08/17(月) 10:56:27 ID:7a8a2f9c8 返信

      チェックの際のエラーについての原因は分かりませんが、もしDawnguard.bsaが原因であるなら、一度Dawnguard.bsaを削除してチェックを試してみるのはどうでしょうか。
      「J – J Skyrim」で導入したDawnguard.bsaは、MOをインストールしたフォルダのMod Organizer\modsにあるJ – J Skyrimというフォルダにあります。
      この方法でチェックの際にエラーが出ないようであれば、再度Dawnguard.bsaをJ – J Skyrimにコピーして、チェックの際にエラーが出るかどうか試してみてください。

      こちらの環境では、Mod OrganizerのVersion 1.3.8でも試してみましたが問題はないので、Mod Organizerのバージョンはおそらく関係ないのではないかと思います。

  4. 名前:匿名 投稿日:2015/11/04(水) 21:58:03 ID:fe579e1d0 返信

    参考にさせていただき、無事日本語化ができました。
    私も上の方と同様、J – Jに限ってエラーを吐いて困っていたのですが、どうやらMod Nameに問題があったようです。
    ちなみに、J – Eに関してはエラーは出ませんが、日本語化はされませんでした。
    登録時に記事の通りにMod Nameを設定すると、おそらくハイフンのせいでうまくいってないようでした。(エラーメッセージでファイルパスのハイフンの箇所が”?”と置換されてました)
    試しに、「J_J Skyrim」などとすることで解決し、また一旦登録が上手くいけばファイル名を記事と同様にしても問題ないようです。
    理由は不明ですが、同じ状態でお困りの方がいればご参考までに。
    なお、環境はWindows10,Mod Organizer1.3.11,圧縮はWinRAR使用でのrar無圧縮です。

    • Gimora 名前:Gimora 投稿日:2015/11/05(木) 17:06:19 ID:2d3918890 返信

      コメントをいただいてから調べてみたのですが、ハイフンとさらにスペースは文字化けの原因になることがあるそうですね。これについては知りませんでした。
      「J – E Skyrim」と「J – J Skyrim」にはハイフンもスペースも使用されているので、エラーの原因は情報をいただいたとおりかもしれません。
      記事の内容は「J_E_Skyrim」と「J_J_Skyrim」に修正いたしました。
      ありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。