リバーウッドに家を作成 その3

imageリバーウッドに家を作成3 01
 

「リバーウッドに家を作成」の続き、その3です。

今回は、以下のような順番で作業を進めていきます。
1-オブジェクトのプレビューとマーカー
2-目的のオブジェクトを見つける方法

作業の前に、前回作成したTestPlayerHome.espをSet as Active Fileをクリックして、Activeにしてから読み込み、Cell Viewウィンドウ内のaaaTestPlayerHomeをダブルクリックしてTestPlayerHomeをレンダーウィンドウに表示させておいてください。

1-オブジェクトのプレビューとマーカー

NobleChair02RLの配置を例にして、オブジェクトのプレビューとマーカー付きのオブジェクトについて説明をしていきます。

オブジェクトのプレビューについて

はじめはオブジェクトのプレビューについてです。

Object WindowのカテゴリーをAllとして、Filterにnoblechairと入力します(図1 )。フィルタリングが終わったらNobleChair02RLを選択して(図1 )、右クリックでメニューを表示させてPreviewをクリックしてください(図1 )。

imageリバーウッドに家を作成3 02
図1
 

Preview Objectというウィンドウが表示され、椅子のオブジェクトと人が座っているかたちをしたマーカーがそこにプレビューされます(図2参照)。

imageリバーウッドに家を作成3 03
図2
 

プレビュー画面でのカメラの操作は、以下のようになっています。
カメラのズーム: マウスのホイール
カメラの移動: ホイールボタンを押したままドラッグ
カメラの回転: 左クリック+ドラッグ

Ground planeのOnのチェック(図2 )で、地面の表示切り替えができます。

Object Window内のIDをクリックしていけば、プレビューも次々切り替わっていきます。
プレビューを表示させようとして、警告のダイアログが表示された場合はキャンセルを選択してください。

オブジェクトのマーカーについて

次に、オブジェクトについているマーカーについてです。

NobleChair02RLには、人が座っているかたちをしたマーカーがついていますが、これは見たとおりそのマーカーと同じようにしてSkyrim内で座ることができるという意味です。

そして、椅子の左右についている四角いもの(図3 )は、その動作(ここでは座るという動作)をするときの入口方向と出口方向になっているので、これをふさがないように配置する必要があります。

imageリバーウッドに家を作成3 04
図3
 

今プレビューを表示しているNobleChair02RLの下にあるNobleChair02Staticをクリックしてプレビューを表示させてください(図4参照)。

imageリバーウッドに家を作成3 05
図4
 

椅子のかたちは同じですが、NobleChair02Staticにはマーカーがありません。
このNobleChair02Staticは、配置してもゲーム内で座ることができません。

同じオブジェクトでもいろいろな種類があるので、オブジェクトを配置する際は、動作の出入口方向、あるいはマーカーの有無にも注意する必要があります。

最後に、NobleChair02RLを暖炉の近くに配置してみます(この後説明するオブジェクトも含めて、配置場所は好みの場所で構いません)。

imageリバーウッドに家を作成3 06
 

2-目的のオブジェクトを見つける方法

テーブルと調理作業台の配置を例に、目的のオブジェクトを見つける方法をふたつ紹介していきます。

ひとつ目は、Filterを使用してPreviewから選択する方法です。
ふたつ目は、使用したいオブジェクトの名前をCell Viewウィンドウで確認した後Filterを使用する方法です。

Filterを使用してPreviewから選択する方法

テーブルの配置を例に、Filterを使用してPreviewから選択する方法を説明していきます。

※Filterを使用してオブジェクトを見つける方法は、ここまでの作業のなかでも何度かやっていますし、Previewについても上で説明をしたので内容がかぶるところも多々あります。

Object WindowのカテゴリーをAllとして、Filterにtableと入力します(図5 )。
すると、tableという名前の入ったIDがたくさんリストに表示されます(図5 )。

imageリバーウッドに家を作成3 07
図5
 

このリストのなかから好みのテーブルを探していくわけですが、ここにはテーブルの他にも、テーブルに関連したオブジェクトではあってもテーブルでないもの、あるいは、そもそも家にオブジェクトとして配置できないものも入っています。

これを区別するには、プレビューしてみるのが一番簡単な方法です。

プレビューしてみれば、テーブルかそうでないかはすぐわかりますし、好みのテーブルも選べます。
そして、プレビューに表示されないものは、オブジェクトとして家に配置できないものとすぐ分かります(すべてのオブジェクトをプレビューした訳ではないので、もしかしたらプレビューに表示できでも配置できないもの物があるかもしれません)。

上から2番目のCandleHornTable01のプレビューを表示してみます(図6参照)。
これはTableと名前のなかに入ってはいますが、ロウソク立て・燭台なので次のものを探します。

imageリバーウッドに家を作成3 08
図6
 

上から4番目のCommonTable01のプレビューを表示してみます(図7参照)。
これは、見たままテーブルなので配置できます。

imageリバーウッドに家を作成3 09
図7
 

1番上のAnimObjectHammerTableのプレビューを表示してみます。
プレビューは変わらず前のCommonTable01のままになっていると思います。
これはAnimObjectHammerTableにはプレビューできるものがないからで、そして、プレビューできないものは配置できないものと分かります。

というような感じで、配置したいテーブルを探していきます(テーブルの配置は、この後、調理作業台と一緒に行います)。

◆IDのリストに関しての補足

先ほど図5を使用して、カテゴリーのアイコンと、名前の規則性の説明をしておきます。

各IDの左側のアイコンは、そのIDが属するカテゴリーを表しています。
1番上の人のかたちをしたアイコン(Miscellaneous/AnimObject)、2番目の家のかたちをしたアイコン(WorldObjects/Static)、その下の方にある椅子のかたちをしたアイコン(WorldObjects/Furniture)という感じで、そのほかにもたくさんあります。

そして、リストの4番目以降がすべてCommonから始まっているように、名前には規則性があります。テーブルのような家具類には品質・材料別に、IDの先頭にCommon/Dwe/Noble/Orcが付くものなどがあります。
さらに場所別に、IDの先頭にWRがついているものはホワイトランに関連するもの、先頭にNorと付いているものはノルドダンジョンに関連するもの、という規則性などもあります。

慣れてくれば、Filterをかけた後にひとつずつプレビューを見ていかなくても、カテゴリーのアイコンや、名前の規則性などからも、それがどんなものなのか予想がついてくると思います。

Cell Viewウィンドウで配置したいオブジェクトの名前を確認する方法

上で説明したFilterを使用してPreviewから選択する方法は、目的のオブジェクトを見つける基本となるものですが、この方法はオブジェクトの名前の予想がつかないと使用しにくい場合もあります。

ここで説明する方法は、それを補う様な方法で、既存のSkyrimのセルを読み込み、使用したいオブジェクトの名前をCell Viewウィンドウで確認する方法です。

例として、暖炉の近くによく配置されている調理作業台(図8参照)を配置していくことにします。

imageリバーウッドに家を作成3 10
図8
 

名前の確認中に既存のセルに配置されたオブジェクトの位置などを変えたりすると大変なので、このときはskyrim.esmだけを読み込み、オブジェクトの名前をメモして、その後TestPlayerHome.espを読み込んで配置をしていくという感じで作業していくといいと思います。

では、TestPlayerHome.espの作業を一度セーブをして、Skyrim.esmだけを読み込みます。

上の調理作業台の画像は、リバーウッドトレーダーで撮影した画像なので、Creation Kitでも同じく、ID名RiverwoodRiverwoodTraderをダブルクリックして(図9 )、リバーウッドトレーダーのセルを読み込みます。

imageリバーウッドに家を作成3 11
図9
 

Assertionというダイアログが表示された場合は無視を選択してください。

調理作業台は、1階の暖炉の近くにあります。

目的のオブジェクトを見つけたらクリックして選択し、Cell Viewウィンドウの右側のリストで名前を確認します(図10 )。選択されたオブジェクトは背景がグレーになります。
マーカー類が邪魔でうまく選択できない場合は、Mキーでマーカーを非表示にすると選択しやすくなります。

imageリバーウッドに家を作成3 12
図10
 

このような方法で、鍋のようなものの方はCraftingCookingPotSm、鍋を支えているものの名前はCookingSpitFarmhouse01と確認していきます。

では、「2-目的のオブジェクトを見つける方法」の最後に、テーブルと調理作業台を配置していきます。

テーブルはあまり場所をとらないNobleTableSquare01を、入り口から右手の方向に配置しました(図11 )。

調理作業台は、CraftingCookingPotSmがうまくCookingSpitFarmhouse01にかかっているように高さを調整して、暖炉の近くに配置しました(図11 )。
調理作業台は、スナップをオフにしたほうが作業しやすいと思います。

imageリバーウッドに家を作成3 13
図11
 

配置ができたら、今回の作業は終了です。

Creation Kit wikiのチュートリアルを実践」目次ページに戻る
リバーウッドに家を作成 その2」へ戻る
リバーウッドに家を作成 その4」へ進む

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。