GIMPでPhotoshopのブラシを使用する方法

GIMPでPhotoshop用のブラシを追加して使用する方法をご紹介します。

1-Photoshopブラシのダウンロード
2-ブラシのインストール
3-ブラシのアンインストール
と順番に説明をしていきます。

※この方法はGIMPのバージョンが2.4以降である必要があるので注意してください(この記事を書いている時点でGIMPの最新版は2.8.10です)。

1-Photoshopブラシのダウンロード

まずは、好みのPhotoshop用ブラシをダウンロードしてきます。

「Photoshop ブラシ フリー」などで検索すると、紹介しているサイトがたくさん出てくると思います。

ここでは、27 Grungy Film Photoshop Brushesという汚れた感じを表現するときに便利なブラシをダウンロードしてきました(図1参照)。

GIMPブラシ追加 01

図1

ブラシはほぼ.zip形式で配布されているので、ダウンロードが完了したら解凍します。
解凍すると、.abrという拡張子のファイルが入っているはずです。

27 Grungy Film Photoshop Brushesの場合、CB-Grungy-Film-Brushes.abrという.abrファイルが入っています。

2-ブラシのインストール

ダウンロードが終わったので、次はブラシのインストールをしていきます。

インストールは、上の作業でダウンロードし解凍した.abrファイルを、Program Files\GIMP 2\share\gimp\2.0\brushesへと移動させるだけです(図2参照)。

GIMPブラシ追加 02

図2

GIMPを起動させ、ブラシが追加されているのを確認してください(図3 A 参照)。
GIMPを起動させたまま、.abrファイルをインストールした場合は、再読み込みボタン(図3 B )をクリックすればインストールしたブラシが表示されます。

GIMPブラシ追加 03

図3

ブラシの表示が小さくて見えにくい場合は、図3 C の矢印の箇所をクリックして表示されるメニューのプレビューサイズから大きさを変更できます。

ブラシをインストールする際、GIMPに初めから入っているブラシとダウンロードしてきたブラシを区別したい場合は、Program Files\GIMP 2\share\gimp2.0\brushesにPS Brushesなどの名前を付けたフォルダを作成し、そのなかにダウンロードしてきたブラシを追加するようにするといいと思います。

3-ブラシのアンインストール

最後に、ブラシのアンインストールについて説明をしておきます。

追加したブラシをアンインストールしたい場合は、インストールした.abrファイルを削除してください。
これでアンインストールできます。

.abrファイルのなかには、いくつかのブラシがまとまって入っている場合が多いですが、そのブラシのうちのひとつだけを削除、ということはGIMPできないようです。
すべてインストールするか、あるいはすべてアンインストールするか、ということになるのでこの点は少し不便ですね。

以上、「GIMPでPhotoshopのブラシを使用する方法」でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。