Blender: Latticeの使用方法

IMAGE: BlenderLattice 01

BlenderのLatticeの使用方法について簡単に説明をしていきます。

Latticeとは、格子(Lattice)の変形に応じてオブジェクトを変形させるモディファイアのひとつです。
オブジェクトの大まかな変形をしたり、いくつかのオブジェクトをまとめて変形させたりするときに便利です。

ここからLatticeについて、以下のような順番で説明をしていきます。
1-Latticeの基本的な使用方法
2-ふたつ以上のオブジェクトをまとめて変形させる場合
3-オブジェクトの一部のみ変形させる場合

1 Latticeの基本的な使用方法

はじめにLatticeの基本的な使用方法について説明をしていきます。

Latticeで変形させたいオブジェクト(ここではスザンヌを使用します)を配置したら、Shift+AでAddメニューを表示させ、Lattice(図1A)をクリックします。

追加された辺だけの立方体がLatticeです。

IMAGE: BlenderLattice 02
図1

※Latticeは自分で名前を付け替えない限り、ひとつ目がLattice、ふたつ目はLattice.001という感じで名前がついていきます。モディファイアとしてのLatticeと、Latticeの名前としてのLatticeとちょっと区別がつきにくいかもしれませんので注意してください。

Latticeが追加できたら、オブジェクトモードのままLatticeをスザンヌと同じ大きさにあわせます。大体同じになればいいです(図2参照)。

IMAGE: BlenderLattice 03
図2

大きさの調整ができたら、スザンヌにLatticeのモディファイアを追加します。
Object:には、追加したLatticeの名前を設定します(図3A)。

IMAGE: BlenderLattice 04
図3

変形の準備ができたので、変形させてみます。

Latticeを選択し、エディットモードに入ります。
Latticeの任意の頂点を選択し移動させれば、オブジェクトもその移動にあわせて変形するのが確認できると思います(図4参照)。

IMAGE: BlenderLattice 05
図4

もう少し細かな変形をさせたい場合は、格子の数を増やします。
Latticeが選択されているのを確認して、図5Aのタブをクリックして、図5BのUVWの値を増やすと格子を増やすことができます。

IMAGE: BlenderLattice 06
図5

あまりに格子の数を増やすと作業がやりにくくなって、頂点を直接編集した方が早くなってしまう場合もあるかもしれません。

Outsideにチェックを入れると、外側のLatticeのみ表示するようになります(図5C)。

変形は、LatticeのApplyボタンをクリックすると適用されます。

2 ふたつ以上のオブジェクトをまとめて変形させる場合

次にいくつかのオブジェクトをまとめて変形させる場合の説明をしていきます。

例として、立方体のオブジェクトの上に、四角すいオブジェクトを乗せた家のようなものを用意しました(図6参照)。
ふたつのオブジェクトは別々のものです。

先ほどもやったようにLatticeを追加し、家の大きさに合せます。
立方体と四角すいの両方にLatticeモディファイアを追加し、Object:にLatticeの名前を設定します。

IMAGE: BlenderLattice 07
図6

Latticeを選択して、エディットモードに入り変形をすると、立方体も四角すいも同時に変形できるのが確認できると思います(図7参照)。

IMAGE: BlenderLattice 08
図7

3 オブジェクトの一部のみ変形させる場合

最後に、オブジェクトの一部のみLatticeで変形する場合について説明をしていきます。
Latticeで変形させる箇所を完全に限定する場合は、Vertex Groupsを使用します。

例としてスザンヌを使用して、左の耳だけLatticeで変形させてみます。

Latticeを追加し耳の大きさに合せます(図8参照)。

IMAGE: BlenderLattice 09
図8

この状態でVertex Groupsを使用せずに変形をした場合、図9のように頭の一部も変形してしまいます。
格子の数を増やせば、頭の部分は変形しないようにも一応はできますが、Vertex Groups
を使用した方が早いです。

IMAGE: BlenderLattice 10
図9

では、Vertex Groupsを作成していきます。

スザンヌを選択したら、エディットモードに入り、Latticeで変形させたい頂点だけを選択していきます(図10参照)。

IMAGE: BlenderLattice 11
図10

選択ができたらその状態のまま、Data: Object dataのタブ(図10A)をクリックし、Vertex Groupsの+(図10B)をクリックします。

すると、Group(図10C)という名前のVertex Groupが作成されるので、Assign(図10D)をクリックします。

Vertex Groupsがうまく作成されているかどうか、一度頂点のすべてを非選択にした後、Select(図10E)をクリックして自分が選択した頂点がきちんと選択されているかどうか確認してみてください。

※ここでは説明を省きますが、Vertex GroupsはWeight Paintでもできるので、どちらで作成しても構いません。

Vertex Groupsが作成できたので、LatticeモディファイアのVertex GroupにGroupを設定します(図11A)。

IMAGE: BlenderLattice 12
図11

この状態で変形をすれば、設定したVertex Groups以外の頂点は全く変形しないのが確認できると思います。

以上、BlenderのLatticeの使用方法についてでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。