xNormalの導入方法

ハイポリゴンモデルとローポリゴンモデルからノーマルマップやアンビエントオクルージョンマップを作成できるxNormalの導入方法を紹介します。

1. xNormalの導入方法
2. xNormalの起動
3. xNormalの日本語化

と順番に説明をしていきます。

※この記事を書いている時点での最新版はv3.19.2です。

1. xNormalの導入方法

ダウンロード方法の説明をした後に、インストール方法の説明をしていきます。

1.1 xNormalのダウンロード

下記のリンクからxNormalのサイトへと移動します。
http://www.xnormal.net/

xNormal 導入 01

図1

DOWNLOADSというタブ(図1 A )をクリックしたら、最新版は一番上にありますのでDownload xNormal v3.19.2 **NEW**(図1 B )と表示されている箇所をクリックします。

すると図2のようなページに移動しますので、xnormal_3.19.2_installer.exe(矢印を参照)と表示されている箇所をクリックしてダウンロードしてください。

xNormal 導入 02

図2

1.2 xNormalのインストール

ダウンロードが完了したら、xnormal_3.19.2_installer.exeを管理者として実行し以下のような手順でインストールします。

1.License Agreement 
 利用規約を読みチェックを入れたらNextをクリックします。

2.Installation Options
 インストールするコンポーネントを選択します。すべてインストールしてしまっても構いませんが、Special pluginsは各ソフトを持っている場合だけでいいと思います。

3.Installation Folder
 インストールする場所を変える場合にはここで設定します。

4.Install
 最後にInstallをクリックするとインストールが始まります。しばらくしてCompletedと表示されたらインストールは完了なのでCloseをクリックしてウィンドウを閉じてください。

2. xNormalの起動

上で説明したインストールの手順のInstallation Optionsで、ショートカットを作成した場合はデスクトップにショートカットが作成されているはずなのでそこから起動してください。

ショートカットを作成しなかった場合は、Program Files\S.Orgaz\xNormal 3.19.2\x64というフォルダのxNormal.exeから起動してください。

ちなみにxNormal 3.19.2フォルダにあるdocsフォルダにはxNormalHelp.pdfというヘルプファイル、examplesにはサンプルのメッシュファイルとテクスチャファイルがたくさん入っています。

図3は起動後の画面です。

xNormal 導入 03

図3

基本的な操作ボタンは、以下のようになっています。

図3 ウィンドウの最小化
図3 B  プラグインマネージャの起動
図3 C  xNormalを閉じる

3. xNormalの日本語化

xNormalを日本語化する場合は、上で説明した図3 B のプラグインマネージャを起動します。

図4のようにプラグインマネージャが起動できたら、赤で囲んだLanguage (Language)のプルダウンメニューから日本語 (Japanese)を選択してください。

xNormal 導入 04

図4

これで日本語化できます。


ここでは導入方法の説明しかできませんでしたので、実際の使用方法などについては「xNormalの使用方法」を参照してください。

以上、「xNormalの導入方法」でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『xNormalの導入方法』へのコメント

  1. 名前:Anonymous 投稿日:2014/07/09(水) 13:38:19 ID:183abe1e2 返信

    これまでノーマルは全てGIMPにて
    画像から作ってきましたが、こちらの記事に
    大変興味を持ちました
    次回記事を楽しみにしています

    • 名前:Gimora 投稿日:2014/07/09(水) 20:57:30 ID:183abe1e2 返信

      xNormalの使用法については、今週末くらいには記事にできればと思っています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。