【Photoshop】αチャンネルにスペキュラマップを設定する方法

Photoshop αチャンネル 01


Photoshopで、α(アルファ)チャンネルにスペキュラマップを設定する方法について紹介します。

1 アルファチャンネルにスペキュラマップを設定

ここでは例として、ディフューズマップのアルファチャンネルにスペキュラマップを設定しますが、それ以外のノーマルマップに設定する場合などでも方法は同じです。

準備したディフューズマップとスペキュラマップは以下のものです。

Photoshop αチャンネル 02


では早速、次のような手順でディフューズマップのアルファチャンネルへ、スペキュラマップを設定していきます。

  1. Photoshopを起動させたら、スペキュラマップを開く
  2. 選択範囲すべてを選択と進みスペキュラマップのすべてを選択
  3. 編集コピーと進みスペキュラマップをコピー
  4. ディフューズマップを開く
  5. チャンネルタブ(図1 A )を選択
  6. 新規チャンネルを作成をクリック(図1 B 
  7. アルファチャンネル1が選択されているのを確認して(図1 C )、コピーしたスペキュラマップをペースト
Photoshop αチャンネル 03
図1



これで、アルファチャンネルにスペキュラマップが設定できました。

2 作成した画像の保存について

作成した画像は通常の画像と同じように、ファイル別名で保存と進み名前を付け、ファイル形式を選択します。
ファイル形式は、BMP/DDS/TGAなどアルファチャンネルが使用できる形式と、使用できない形式があるので注意してください。

そのファイル形式がアルファチャンネルが使用できるかどうかは、保存オプション保存にある、アルファチャンネル(H)という箇所(図2参照)が、チェックを付けられる状態になっているかどうかで判断が付くと思います。

Photoshop αチャンネル 04
図2



保存ボタンをクリックすると表示されるウィンドウには、色数という項目がありますので32bits/pixcelを選択します(図3)参照。

Photoshop αチャンネル 05
図3



◆DDS形式での保存について

DDS形式で保存したい場合は、NVIDIA Texture Tools for Adobe Photoshopが必要となります(導入については「NVIDIA Texture Tools for Adobe Photoshopの導入方法」を参照してください)。

保存のファイル形式でDDSを選択した場合、保存ボタンをクリックすると図4のようなウィンドウが表示されます。

Photoshop αチャンネル 06
図4


図4の赤枠の箇所のリストにはたくさんの圧縮形式がありますが、青線の箇所がARGBとなっているものを選択しないとアルファチャンネルは無効になってしまいます。ARGBのAは、ALPHAのAという意味です。
圧縮形式については、ゲーム用途だと圧縮率の高いDXT5が多いのかと思います。

Saveボタンをクリックすると、画像がDDS形式で保存されます。

以上、「αチャンネルにスペキュラマップを設定する方法」でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。