【Blender】背景を透明にしてレンダリングする方法

Blender背景透過レンダリング 01


Blenderでレンダリングしたときの背景を透明にする方法を紹介します。

方法はとても簡単ですが、Blender RenderとCycles Renderでは設定するところが違うので注意して下しさい。

1 Blender Renderで背景を透明にしてレンダリングする方法
2 Cycles Renderで背景を透明にしてレンダリングする方法
と順番に説明をしていきます。

1 Blender Renderで背景を透明にしてレンダリングする方法

はじめにBlender Renderを使用した場合の背景を透明にしてレンダリングする方法の説明をしていきます。

図1 A Blender Renderになっているのを確認したら、カメラのアイコンのRenderタブ(図1 B )をクリックします。
Shadingという項目のAlphaをSky→Transparent(図1 C )に変更します。

Blender背景透過レンダリング 02
図1



この状態でレンダリングすると、図1 D のように背景が格子模様になり透明にレンダリングできます。

画像を保存するときはImage→Save as Image(図1 E )と進み、画面が切り替わったら画面左下にSave As Imageという項目があるので(図2参照)、ここでエクスポートする画像の形式を選択します。
PNGやTargaなどRGBAが使える形式を選択し(図2 A )、かつRGBAをオンの状態(図2 B )にして保存してください。

Blender背景透過レンダリング 03
図2

2 Cycles Renderで背景を透明にしてレンダリングする方法

次はCycles Renderを使用した場合の背景を透明にしてレンダリングする方法の説明をしていきます。

図3 A Cycles Renderになっているのを確認したら、カメラのアイコンのRenderタブ(図3 B )をクリックします。
Filmという項目のTransparent(図3 C )にチェックを入れます。

Blender背景透過レンダリング 04
図3



この状態でレンダリングすると、図3 D のように背景が格子模様になり透明にレンダリングできます。

画像を保存するときはBlender Renderの場合と同様にImage→Save as Imageと進み(図3 E )、RGBAが使える画像形式を選択して保存してください。

背景にEnvironment Textureを設定している場合でもFilmのTransparentにチェックを入れることで、Environment Textureの効果は保ちつつ背景画像を透明にできます。

Blender背景透過レンダリング 05
図4

以上、「背景を透明にしてレンダリングする方法」でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。