GTA5: グラフィックス設定項目の一覧

PC版Grand Theft Auto V(GTA5)のグラフィックス設定の比較動画と設定項目一覧の紹介です。

グラフィックス設定の比較動画

各グラフィックス設定の比較については、下のYoutube動画がとてもわかりやすいです。
画面の左下に設定項目と設定している値が表示されています。

 

動画の最後には、ミドルレンジ用とハイエンド用の設定サンプルが表記されているので参考にしてみるのもいいかもしれません。

グラフィックス設定項目の一覧

下に載せたのがGTA5のグラフィックス設定項目の一覧です。

「グラフィックス」と「高度なグラフィックス」と分けてあり、一覧の左側が設定項目で右側が選択できる値となっています。
設定項目の英語表記も載せておきましたので、上で紹介させていただいた動画を見るときに参考にしてみてください。

 【グラフィックス】

FXAA オフ/オン
MSAA オフ/X2/X4/X8
NVIDIA TXAA*1 オフ/オン
垂直同期 (VSync) オフ/オン/2分の1
フォーカスの喪失時にゲームをポーズ*2
(Pause Game On Focus Loss)
オフ/オン
人口密度 (Population Density) スライダーバー
歩行者の種類 (Population Variety) スライダーバー
距離の拡大縮小 (Distance Scaling) スライダーバー
テクスチャ (Texture Quality) ノーマル/高/超高
シェーダー (Shader Quality) ノーマル/高/超高
シャドウ (Shadow Quality) ノーマル/高/超高
リフレクション (Reflection Quality) ノーマル/高/超高/ウルトラ
リフレクションMSAA (Reflection MSAA) オフ/X2/X4/X8
ウォーター (Water Quality) ノーマル/高/超高
パーティクルの精密度 (Particles Quality) ノーマル/高/超高
草の精密度 (Grass Quality) ノーマル/高/超高/ウルトラ
ソフトシャドウ (Soft Shadows) ソフト/ソフト(強)/ソフト(最大)/AMD CHS/NVIDIA PCSS/シャープ
精細度 (Post FX) ノーマル/高/超高/ウルトラ
モーションブラー度合い*3 (Motion Blur Strength) スライダーバー
ゲーム内での背景ぼかし*4
(In-Game Depth of Field Effects)
オフ/オン
異方性フィルタリング (Anisotropic Filtering) オフ/X2/X4/X8/X16
アンビエントオクルージョン (Ambient Occlusion) オフ/ノーマル/高
テッセレーション (Tessellation) オフ/ノーマル/高/超高

人口密度以降の項目は、グラフィックスを選択状態(Enterを押すかダブルクリック)にしないと表示されませんので注意してください。

*1 MSAAをオンにしたときのみ有効
*2 Alt+TabでWindowsに戻った時などに、自動的にポーズがかかる
*3 精細度 (Post FX)を高以上にしないとグレーアウト
*4 精細度 (Post FX)を超高以上にしないとグレーアウト

【高度なグラフィックス】

ロングシャドウ (Long Shadows) オフ/オン
高解像度シャドウ (High Resolution Shadows) オフ/オン
飛行中の高精細ストリーミング
(High Detail Streaming While Flying)
オフ/オン
距離の拡大縮小幅増加 (Extended Distance Scaling) スライダーバー
拡張陰影距離*5 (Extended Shadows Distance) スライダーバー

*5 グラフィックスのシャドウ(Shadow Quality)を超高にしないとグレーアウト

以上、GTA5の「グラフィックス設定項目の一覧」でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。