Skyrim: A Lot of Dual Sheath Redux Patches

A Lot of Dual Sheath Redux Patches 01

今回は、A Lot of Dual Sheath Redux PatchesというSkyrim用MODの紹介です。

A Lot of Dual Sheath Redux Patchesは、約80種ものMOD装備をDual Sheath Redux(以下DSR)に対応させるためのパッチです。

そのA Lot of Dual Sheath Redux Patchesで、「Sword and shield of Roto」用のパッチも作成していただいたので、DSRとA Lot of Dual Sheath Redux Patchesを早速導入してみました。

ご存知の方も多いと思いますがDSRとは、通常は表示されない納めた左手武器を表示させたり、盾や杖を背中に背負わせたりすることができるようになるMODです。
この記事の一番初めに載せた画像は、DSRを使用して盾を背中に背負った状態のもので、この下の画像が納めた左手武器が腰の右側に表示された状態のものです。

A Lot of Dual Sheath Redux Patches 02

A Lot of Dual Sheath Redux Patchesの導入

以下では、A Lot of Dual Sheath Redux Patchesの導入方法について説明をしていきます。

DSRとDSR対応の装備MODは導入済みと仮定して説明をしていきます。
A Lot of Dual Sheath Redux Patchesがサポートする装備MODについては、作者さんのDescriptionを参照してください。

MOD管理にNexus Mod Manager(以下NMM)を使用しているか、Mod Organizer(以下MO)を使用しているかで手順が異なる箇所がありますので注意してください。
NMMのみに関するものについては■、MOのみに関するものについては◆を付けて分けてあります。

手順1

A Lot of Dual Sheath Redux Patchesは下記のリンクからダウンロードできますので、ダウンロードしてください。
この記事を書いている時点での最新バージョンは、version 1.3です。
http://www.nexusmods.com/skyrim/mods/64647/?

手順2

ダウンロードが済んだらA Lot of Dual Sheath Redux Patchesをアクティベートします。

すると図1のようなインストーラが起動します。
Auto Detect and Install Mesh …(図1赤枠参照)にチェックを入れてNextボタンを押します。

A Lot of Dual Sheath Redux Patches 03

図1

図2のように、すでに導入済みの対応装備MODには自動でチェックがついているはずです。
ここでチェックを入れて、後から対応MODを導入するという順番でも構いません。

チェックが確認できたら、Finishボタンを押します。

A Lot of Dual Sheath Redux Patches 04

図2

■NMMを使用している場合、Skyrim\Data\Meshes以下のフォルダに目的の装備MODのDSR用メッシュが生成されているのを確認してください。

◆MOを使用している場合、Mod Organizer\mods\A Lot of Dual Sheath Redux Patches\Meshes以下のフォルダに目的の装備MODのDSR用メッシュが生成されているのを確認してください。
確認ができたらMO左側のMOD一覧にあるA Lot of Dual Sheath Redux Patchesにチェックを入れます。

A Lot of Dual Sheath Redux Patchesの導入は、とりあえずここで完了です。

手順3

これより以降の手順3、4、5は、DSRのパッチ更新(Dual Sheath Redux Patch.espの更新)となります。
MOを使用している場合は、Overwriteに作成されたパッチをどう扱っているかについては(フォルダ構成や名前など)違いがあると思うので、完全に以下のとおりにする必要はありません。 

まずは、古いDSRパッチを削除します。

■NMMを使用している場合には、Skyrim\DataにあるDual Sheath Redux Patch.espを削除します。

◆MOを使用している場合には、Dual Sheath Redux Patch.espが入っている任意に名前を付けたDSRパッチMODごと削除します。

手順4

古いDSRパッチを削除したら、Dual Sheath Redux Patch.jarを起動させます。

■NMMの場合Dual Sheath Redux Patch.jarは、Skyrim\Data\SkyProc Patchers\Dual Sheath Redux Patchにあります。

◆MOの場合Dual Sheath Redux Patch.jarは、MO経由で起動できるように登録してあると思うので、MO経由で起動してください。

手順5

Dual Sheath Redux Patchというウィンドウが表示されたら、ウィンドウ右上のPatchボタンを押して新しいDSRパッチを作成します。

■NMMの場合、Dual Sheath Redux Patch.espがSkyrim\Dataが作成されているはずです。

◆MOの場合、作成されたパッチはMO左側のMOD一覧の一番下のOverwriteにあります。
Overwrite上で右クリックしてメニューを表示させたら、Create Modを選択します。
Create Modというダイアログが表示されますので、任意にMOD名を付けて(例えば「DSR Patch」など)、OKをクリックします。
MO左側のMOD一覧に今名前を付けたMODが追加されているはずなので、これにチェックを入れてください。
チェックを入れたら、MO右側のPluginsの一覧にDual Sheath Redux Patch.espが追加されたのを確認してください。

A Lot of Dual Sheath Redux Patchesの導入及び、DSRのパッチ更新はここまでで完了となります。
ゲームを起動させて、うまく導入できているかどうか確認してみてください。

DSRは機能しているのに、A Lot of Dual Sheath Redux Patchesで追加したものがうまく機能していない場合は、対応装備MODが導入されていること、A Lot of Dual Sheath Redux Patchesにチェックが入っていること(MOのみ)、Dual Sheath Redux Patch.espにチェックが入っていることなどに注意してみてください。

今回、A Lot of Dual Sheath Redux Patchesを導入するにあたり、DSRおよびDSRで必要となるXP32 Maximum Skeleton -XPMSなどを初めて導入したのですが、機会があればこれらのMODに関してももう少し詳しく記事にしたいと思っています。

以上、「A Lot of Dual Sheath Redux Patches」の紹介でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『Skyrim: A Lot of Dual Sheath Redux Patches』へのコメント

  1. 名前:nanasin 投稿日:2015/07/12(日) 12:42:31 ID:262b2fd3e 返信

    毎回為になる記事をありがとうございます
    記事にあるようにSword and Shield of Rotoを導入し、その後Dual Sheath ReduxとA Lot of Dual Sheath Redux Patchesを導入しましたが盾が左腕に付いてしまい背負うことができません
    バニラの盾などは背負えるのですが、MODで追加した盾は背負うことができないのはどこに問題があるのでしょうか?

    • Gimora 名前:Gimora 投稿日:2015/07/13(月) 18:43:57 ID:9dec212f5 返信

      ピンポイントの回答ではありませんが、A Lot of Dual Sheath Redux Patchesの導入でつまづきそうなところは、
      Dual Sheath Redux用のメッシュが生成されているかどうか(MOを使用している場合はA Lot of Dual Sheath Redux Patchesにチェックが入っているかどうか)、
      Dual Sheath Reduxのパッチの更新をきちんと行ったかどうか(更新を行ったDual Sheath Redux Patch.espにチェックが入っているかどうか)、あたりが多いと思うのでもう一度確認してみてください。

      A Lot of Dual Sheath Redux PatchesのDescriptionを確認してみましたが、他のMODとの競合の報告は現在あがっていないようでした。

  2. 名前:nanasin 投稿日:2015/07/15(水) 00:02:20 ID:941888c9e 返信

    原因が解らず最初からインストールをやり直したら無事背負うことが出来ました!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。