【MGSV: TPP】グラフィック設定について

PC版METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN(以下MGSV: TPP)のグラフィック設定についてです。

1. グラフィック設定の効果について参考になるサイト
2. グラフィック設定項目リスト
3. MGSV: TPPと他PCゲームタイトルの必須/推奨GPUの比較
と、順番に紹介をしていきます。

※この記事で使用しているMGSV: TPPは、PC(Steam)版です。

1. グラフィック設定の効果について参考になるサイト

各グラフィック設定の効果については、GeforceのMetal Gear Solid V: The Phantom Pain Graphics & Performance Guideがわかりやすいと思います(図1参照)。

MGSV: TPP グラフィック設定 01

図1

上記サイトの画像のなかには、クリックすると図2のように中央にスライダー(図2 A )が表示されるものがあります。
このスライダーを左右にドラッグさせることで、各設定のオン/オフなどの比較が可能です。
比較されている項目は、図2 B の位置に表示されます。

MGSV: TPP グラフィック設定 02

図2

英語のサイトな上に文量も結構あるので、全部読むのが面倒という場合にはスライダー付きの画像を見るだけでも十分に参考になると思います。
グラフィック設定の日本語表記と英語表記については、この下の「2. グラフィック設定項目リスト」にまとめてあるのでそちらを参考にしてください。

2. グラフィック設定項目リスト

グラフィックはOPTIONSグラフィック設定と進んでいった図3のような画面で設定可能です。

MGSV: TPP グラフィック設定 03

図3

図3 A には、選択中の設定についての簡単な説明が表示されます。
初期設定に戻すには、図3 B のDEFAULTをクリックしてください。

グラフィック設定の各項目とその値について、下でまとめてみました。

ウィンドウモード Fullscreeen/Borderless Fullscreen/Windowed
解像度 1024×576~1980×1080
垂直同期 有効/無効
フレームレート 自動/30FPS 固定
モーションブラー  OFF/Low/Medium/High
被写界深度(Depth of Field) 無効/有効
モデルディティール(Model Detail) Low/Medium/High/Extra High
テクスチャ(Textures) Low/Medium/High/Extra High
テクスチャフィルタリング
(Texture Filtering)
Medium/High/Extra High
シャドウ(Shadows) Low/Medium/High/Extra High
ライト(Lighting) Low/High/Extra High
ポストプロセス(Post Processing) OFF/Low/High/Extra High
 エフェクト(Effects) Low/High/Extra High
アンビエントオクルージョン(Ambient Occlusion) OFF/High/Extra High
雲の多層化(Volumetric Clouds) OFF/ON

3. MGSV: TPPと他PCゲームタイトルの必須/推奨GPUの比較

最後に、MGSV: TPPがどれくらい「重い」ゲームなのか単純な方法で知るために、必須GPUと推奨GPUを他のゲームと比較してみました。

【必須/推奨GPUの比較】

PCゲーム名

必須GPU

推奨GPU
MGSV: TPP GTX 650 (2GB) GTX 760
The Witcher 3 GTX 660 / HD 7870 GTX 770 / R9 290
Dragon Age: Inquisition 8800 GT / HD 4870 GTX 660 HD / 7870 or R9 270
Assassin’s Creed Unity GTX 680 / HD 7970 (2 GB VRAM) GTX 780 / R9 290X (3 GB VRAM)
 Shadow of Mordor GTX 460 / HD 5850 GTX 660 / HD 7950
Far Cry 4 GTX 460 / HD5850 (1 GB VRAM) GTX 680 / R9 290X or better (2 GB VRAM)
GTA5 9800 GT 1GB / HD 4870 1GB GTX 660 2GB / HD7870 2GB

グラフィック設定をどのような値にしているかによって違いも出てくると思いますし、必須/推奨GPUだけでどこまで正確に比較できるかはわかりませんが、MGSV: TPPがどれくらいの重さのゲームなのか上の表でおおよそ見当がつくと思います。

以上、MGSV: TPPの「グラフィック設定について」でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。