Blenderでローポリゴン3Dモデルの作成

今回はBlenderでロッカーの3Dモデル作成の手順の1番目です。

1. ローポリゴン3Dモデルの作成
2. ローポリゴン3DモデルのUV展開
という順番で、多少詳しく説明をしていきます。

実際の3Dモデル作成では、ローポリゴンモデルの作成の前に、作成したい3Dモデルに関する資料集めがありますが、これに関しては説明は省きます。
また、ロッカーの3Dモデル作成では、はじめにローポリゴン3Dモデルを作成してその後ハイポリゴン3Dモデルを作成、という順番にしていますがどちらが先でも問題ありません。

1. ローポリゴン3Dモデルの作成

まずはBlenderの起動ができたら、ローポリゴン3Dモデルを作成(モデリング)していきます。

ロッカーのローポリゴン3Dモデルは、頂点が8つのただの直方体なので、はじめから置かれてあるオブジェクトのCubeをそのまま使用します。

オブジェクトの名前はわかりやすいように「locker_low」と変更しておきます。
オブジェクトの名前の変更は、図1 A の箇所をダブルクリックすれば可能になります。
また、図1 B の箇所でもオブジェクトの名前変更は可能です。こちらで変更する場合は、オブジェクトを選択した後に名前の変更を行ってください。

ローポリゴン3D作成 01

図1

はじめからあるカメラとライトは、後で使用しますが今は邪魔になるので、一番右下のレイヤーなどに移動させておきます。
カメラやライトなどのオブジェクトを別のレイヤーに移動させるには、オブジェクトを選択した後にMキーを押すと図1 C のようなメニューが表示されますので、移動させたいレイヤーをクリックします。

では、Tabキーでエディットモード(Edit Mode)に入り、オブジェクトをロッカーの大きさに合わせて変形させていきます。
現在のモードがエディットモードなのかオブジェクトモード(Object Mode)なのかは図2の赤枠の場所で確認できます。

大きさの正確な指定はありませんので、自由に変形させてください。

ローポリゴン3D作成 02

図2

図2のように変形ができたら、ローポリゴン3Dモデルはこれで完成です。

Unityなどで3Dモデルゲームアセットとして実際に使用するのは、このローポリゴン3Dモデルとなります。3Dモデルの頂点数は処理速度に影響しますので、可能な限り少なくするよう心掛けておくといいと思います。

2. ローポリゴン3DモデルのUV展開

ローポリゴン3Dモデルのモデリングが完了したので、次にUV展開を行っていきます。

UV展開は完全に自動でも行うことが可能ですが、ここではSeam(展開図の切り口のようなもの)を設定した後にUV展開を行います。

Seamを設定するには、Tabキーでエディットモードに入り、Seamを入れたいエッジを選択した後、Shading / UVsタブ(図3 A )にあるMark Seam(図3 B )をクリックすることで可能です。
Seamが設定されているエッジは、図3 C のように赤く変化します。

ローポリゴン3D作成 03

図3

設定したSeamを取り消したい場合は、エッジを選択した後Clear Seam(図3 B )をクリックします。

赤く変化するSeamの表示非表示は、図3 D の箇所にあるチェックで切り替えが可能です。
この切り替えは、SeamとCreaseを同時に使用しているときなどに便利です。

Seamを設定する際は、Seamの数はできるだけ少なく、またSeamを設定する場所は見えにくいところに設定する、ということに注意すると、テクスチャを貼った時に繋ぎ目が目立たなくて済みます。
ロッカーの3Dモデルでいえば、裏側になるところや、下になるところなどにSeamを設定します。

ここでは図4のようにSeamを設定しました。

ローポリゴン3D作成 04

図4

Seamの設定が終わったら、Aキーで全選択をしてUキーを押します。
UV Mappingというメニューが表示されるので、Unwrapをクリックします。

図5赤枠の箇所をUV/Image Editorに切り替えると、図5のようにUV展開されたものが表示されます(図5赤枠の箇所は、はじめは3D Viewになっています)。

ローポリゴン3D作成 05

図5

今回は単純なオブジェクトのUV展開でしたので、UVマップの調整はいらないと思いますが、多くの場合はUV展開後に、大きさをそろえたり、並び替えたり、ゆがみを直したりなどの調整が必要になると思います。

以上で、ローポリゴン3Dモデルの作成とUV展開の作業は完了です。
次回は、今回作成したローポリゴン3Dモデルをもとにして、ハイポリゴン3Dモデルを作成していきます。


「3Dモデルを作成してみよう」目次のページへ戻る → クリック
「Blenderでハイポリゴン3Dモデルの作成」へ進む → クリック(現在作成中)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。