【Blender】マテリアルの適用方法

Blenderでマテリアルを適用する方法を以下の3種類紹介していきます。

1. マテリアルを新規に作成、またはリストから適用する
2. ドラッグ&ドロップで適用する
3. リンク機能を使って適用する

1. マテリアルを新規に作成、またはリストから適用する

まずはマテリアルを新規に作成、またはリストから適用する方法です。

オブジェクトモード(図1 A )でマテリアルを適用したいオブジェクト(ここではCube)を選択して、Properties(図1 B )のMaterial(図1 C )をクリックします。

この状態でNew(図1 D )をクリックすると、Cubeに新規のマテリアルを適用することができます。

すでにマテリアルが作成済み場合は、図1 E の箇所をクリックするとマテリアルのリストが表示されるので、ここから選択してマテリアルを適用することができます。

Blender Material 01

図1



適用したマテリアルを外したい場合は、オブジェクトモードで図1 F をクリックすると外せます。

不要になったマテリアルを削除する方法については、別の記事にまとめてあります。
【Blender】不要なマテリアルを削除する方法」へ

2. ドラッグ&ドロップで適用する

次にドラッグ&ドロップでマテリアルを適用する方法です。

現在、図2のようにオブジェクトCube AにはMaterial Blue(図2 A )が適用されています。このMaterial Blueをドラッグ&ドロップで下のオブジェクト(Cube B)にも適用してみます。

Blender Material 02

図2



オブジェクトモード(図3 A )でCube Aのマテリアルを表示させた状態で、図3 B の箇所をCube Bへドラッグ&ドロップします。すると、Cube BにMaterial Blueが適用されます。

Blender Material 03

図3



ドラッグ中は図3の矢印の下に見えるようにDrop Named Material on Objectという表示が出ます。

3. リンク機能を使って適用する

最後にリンク機能を使ってマテリアルを適用する方法です。
こちらは、たくさんのオブジェクトに対して同じマテリアルを一度に適用したいときに便利な方法です。

現在、オブジェクトが図4のようにCube A、B、C、Dの4つあり、AにはMaterial Blue(図4 A )が適用されています。
このMaterial BlueをCube B、C、Dにリンク機能を使って適用してみます。

Blender Material 04

図4



オブジェクトモードでCube D、C、B、Aという順番で、Shiftキーを押しながらクリックしていき、複数選択されている状態にします(図5参照)。
順番はCube Aを最後にすれば、他はどんな順番でもかまいません。最後に選択されたオブジェクトは、選択中を示す枠の色が変わります(ここで使用しているテーマでは最後に選択されたものはオレンジの色が薄くなります)。

Blender Material 05

図5



この状態でCtrl+Lキーを押すと、図6のようにMake Linksというメニューが表示されるので、Materialsを選択します。

Blender Material 06

図6


するとCube B、C、DにMaterial Blueが適用されます。

以上、「【Blender】マテリアルの適用方法」でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。