DDDA: Resonant ENBの導入方法

PC版Dragon’s Dogma: Dark Arisen(以下DDDA)で使用できるENB及びENBのプリセットの導入方法を紹介します。

Nexusでは様々なDDDA用のENBプリセットが公開されていますが、ここでは最もダウンロード数が多いResonant ENBの導入を例として使用します。

1. ENB本体の導入
2. Resonant ENBの導入
3. ゲーム内で確認と操作
4. ENBのアンインストール
という順番で紹介をしていきます。

・注意事項
この記事内で使用しているDDDAはSteam版です。
ENB導入前に、DDDA本体のデータのバックアップしておくことを強くおすすめします。
ENBの導入は自己責任でお願いします。

1. ENB本体の導入

まずは、ENB本体の導入から行っていきます。

下記のサイトへ移動したら下部にあるv0.300をクリック、ページが移動したら一番下のdownloadのアイコンをクリックして、DDDA用のENBSeries v0.300(ファイル名enbseries_dragonsdogma_v0300.zip)をダウンロードします。

http://enbdev.com/download_mod_dragonsdogma.htm

ダウンロードが完了したら解凍し、enbseries_dragonsdogma_v0300\WrapperVersionにあるd3d9.dllというファイルを、DDDAがインストールされているフォルダにコピーします。
DDDAがインストールされているフォルダは通常、Steam\steamapps\common\DDDAです。
現在、DDDAフォルダは、図1のようになっているはずです。

Resonant ENB 01

図1


コピーが終わったら、ここでの作業は完了です。
d3d9.dll以外のファイルはコピーの必要はありませんので注意してください。

2. Resonant ENBの導入

ここでは、Resonant ENBの導入を行っていきます。

下記のリンク先ページのFILES(図2 A )タブのMAIN FILES(図2 B )にあるResonant ENB for DDDA v1.6をダウンロードします。

https://www.nexusmods.com/dragonsdogma/mods/4/?

Resonant ENB 02

図2


ダウンロードは、Resonant ENB for DDDA v1.6(図2 C )と書かれているところをクリックするか、 download manually(図2 D )と書かれているところからダウンロードしてください。

DOWNLOAD WITH MANAGERという緑のボタンはNexus Mod Managerを経由してENBやMODの導入を行う場合に使うボタンです。Nexus Mod Managerに詳しい方はこちらから導入してもかまいませんが、ここではその説明はしません。

Noticeというダイアログが表示されたら、CONTINUE WITH MY DOWNLOADというボタンをクリックして、Resonant ENB for DDDA v1.6-4-1-6.zipというファイルをダウンロードします。ダウンロード場所はどこでもかまいません。

ダウンロードが完了したら解凍し、Resonant ENB for DDDA v1.6-4-1-6というフォルダに入っているenbseriesというフォルダ、enblocal.inienbseries.iniというふたつのファイル、
この3つをDDDAがインストールされているフォルダにコピーします。

この時点でのDDDAフォルダは
のようになっているはずです。

Resonant ENB 03

図3


確認ができたら、Resonant ENBの導入は完了です。

3. ゲーム内で確認と操作

ENBの導入が終わったので、ゲーム内で確認をしてみます。

ゲームを起動させたら、Main MenuOptionsから映像というタブを開いて、HDRに設定してください。
低に設定すると、画面が真暗になってしまいます。
ENBを導入することでPCへの負荷は増えますので、HDR以外の映像の設定については、PCのパワーと相談して設定を行ってください。

HDRの設定が終わったらゲームをロードして、ENBの効果を確認してみてください。
ENBが効いているのかよく分からない場合は、Shiftキー+F12キーでENBのオンオフの切り替えができるので、これで確認を行ってください。

ENBの導入により可能になるゲーム内での操作については、下にまとめたとおりです。

テンキーの*: FPSの表示非表示切替
Print Screen: スクリーンショットの撮影(DDDAフォルダに保存)
F10: プレイヤーのHPや、地図などのHUDの表示非表示切替
Num Lock: FPSLimitのオンオフ
Shift+Enter: 設定画面の表示
Shift+F12: ENBのオンオフ

キーを変更したい場合は、DDDAフォルダにあるenblocal.iniの[INPUT]という項目から変更できます。

DDDAにENBを導入すると、ゲームの起動時間及びロード時間が増えてしまいます。これに関しての効果的な解決方法はわからなかったので、もし見つけることができたらここでお知らせします。
画質を取るか、ロード時間を取るかは難しい問題なので、個々の判断にお任せします。

ロード時間が気になる方は、ENBとは異なりますが、Reshadeを使用するとロード時間の増加は無いようなので試してみるのもいいかもしれません。

4. ENBのアンインストール

導入したENBをアンインストールするには、コピーしたenbseriesというフォルダ、d3d9.dll、enblocal.iniとenbseries.iniの各ファイルを削除してください。

以上、「PC版DDDAで使用できるENB及びENBのプリセットの導入方法」の紹介でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。